【Docs】共同編集機能を活用する【Classroom投稿編】

共同編集機能を活用する回。2回目。

Classroomを使う事でGoogleドキュメントの共有が手軽にできることを紹介します。

こんにちは

お盆到来で教員業界はお休みムードといったところでしょうか。

お休みできるならお休みできるだけお休みしたいITeacherです。 (スローガンみたいになってしまった…)

今日は前回の続きで共同編集機能を活用する回です。

複数人が同時に編集できる機能を活用する回。 こんにちは 熱中症対策のしすぎで水中毒にならないか心配なITeacherです...

前回はドキュメントのリアルタイムな共同編集をするために 共有 をしていましたが、授業の中で使うならClassroomで手軽に出来ますのでその紹介です。

今日の目次です。

ファイルの準備

利用するファイルを用意します。

前回に引き続きこのサンプル文章をつかうことにします。

(同時に編集することを考えて、出席番号順などで区切っておくなどのパターンもあります。)

クラスルームで共有

早速クラスルームに投稿して共有していきます。

課題の形式で配布します。

ファイルの方式を 生徒はファイルを編集可能 にします。

これで投稿すれば、このクラス生徒が全員同じファイルを編集するようになり、共同編集の状態になります。

簡単にまとめると

生徒はファイルを閲覧可能 生徒全員が同じファイルを閲覧(編集できない)
生徒はファイルを編集可能 生徒全員が同じファイルを共同編集
各生徒にコピーを作成 生徒にコピーを配布

各生徒ごとの編集内容

のようになります。

共有の確認

投稿した画面がこちら。

これで投稿したファイルを開くと共同編集状態になります。

この状態ならばクラス内の生徒全員で編集・閲覧ができるのでグループ学習に活用しやすいでしょう。

まとめ

Classroomに投稿することで、クラスの生徒全体に簡単に共有することができます。

ドキュメントの共有機能よりも手軽に出来ると思いますのでグループワークなどに活用してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする