【Classroom】テスト付き課題が簡単に投稿できるように【Forms】

Classroomに新しい機能として、テスト付きの課題投稿 が追加されたのでご紹介です。

課題投稿からシームレスにアンケートや小テストの作成へ入れるので使い勝手は良さそうです。非常に使う頻度は高くなるのではないでしょうか。

フォーム自体の編集は今までと同様なので、編集できる内容の不足などはありません。

今日の目次です。

テスト付き課題を投稿する

テスト付き課題は授業ページの課題投稿の中に追加されました。

作成メニューに テスト付き課題 が追加されています。

(Kami AssignmentはKamiというPDF用アドオンを入れているので表示されてしまっています。お気になさらず。)

作成してみると自動で Blank Quiz が追加されました。

空白のQuizということでQuizが日本語版の機能でいうテストに当たるようです。

空白のテストを編集する

ここからはテストを編集していきます。

Blank Quiz というファイル名をクリックするとテストの回答画面へ移動します。

ここから、右上のエンピツアイコンをクリックすると編集画面へ移動できます。

グーグルフォームの編集は今までと変わりません。

詳しい編集方法は過去の記事をご覧ください。

今日は世界史の小テストを作成してみました。 確認テストなどに利用できるかと思いますので、サンプルとしてご覧になったうえで活かしていただ...
今日は古文の小テストのサンプルを作成してみました。 やっていることは昨日の記事と同じです。 今日の目次です。 ...
小テストをサンプルで作ってみた回。 こんにちは 夏ソングをこれでもかと聞いて夏満喫しています。ITeacherです。 ...

タイトルなどを入力してみたのがこちらです。

そして投稿してみた画面がこちらです。

集計結果の確認

テスト付き課題で、集計結果画面への移動も確認しておきましょう。

テストの右側にある 回答を表示 をクリックすると集計結果へ移動できます。

1クリックで移動できるのが便利で良いですね。

まとめ

テスト付き課題の投稿が出来るようになることでスムーズに小テストやアンケートの投稿が出来そうです。

ところで、作成したテストは何故か「Blank Quiz」となり中身も英語になってしまっていたのですが何の設定なんでしょうかね。

Google フォーム から自分で1から作ると普通に日本語で出来るんですが。

特に困らないからどっちでも良いのですが、気になりました。

おまけ

Google for Educationの公式(英アカウント)で Google Forms の新機能がβテスト公開されたとの告知がされていました。

Quizzesを回答している最中に他のアプリやウィンドウを開けなくするLocked modeの実装のようです。

今までも、キオスクアプリとしてテストを作成すると同様の設定が出来るとの話を聞いたことがありますが、キオスクアプリとしてのリリースがChromeのアドオンストアを通す関係上めちゃくちゃ面倒くさくて途中で投げてしまった過去があります。

これが設定で簡単に出来ると便利ですので期待しちゃう機能ですね。

正式リリースと日本語版への適用が待ち遠しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tarouemon より:

    Googleクラスルームからテスト付きの課題を作ってみました。Googleフォームを使った自動採点はできるのですが、その点数がGoogleクラスルームの方へ反映されていませんでした。当然クラスルームの方へ自動的に点数が記入されると思ったのですがそうなっていません。そのような仕様なのでしょうか。それとも何かやりかたがちがったのでしょうか。