【Classroom】ストリーム画面の3種類の投稿方式

Classroomの投稿はどれを選べば良いのかわからない。そんなあなたに贈る投稿方法の説明の回です。

こんにちは

教育用ドメインでなくてもClassroomが使える事に気づいたITeacherです。

友人同士で使うって感じのツールでもないので何とも言えませんが、誰にでも使う機会があるのは良いですね。

今日はClassroomの投稿はどこで出来るのか、どんな形式があるのかをまとめてみようと思います。

今日の目次です。

投稿画面

投稿を行うにはストリーム画面右下にあるプラスマークをクリックします。

メニューが出てきますので、その中から選びます。

現在使えるのは

  • 質問
  • 課題
  • お知らせ

の3つです。

質問

質問は

先生 問題文を投稿する

生徒 一言もしくは選択肢で回答する

ことができます。

課題

課題は

先生 問題文や資料を投稿する

生徒 資料に書き込んだりして回答する

ことができます。

生徒ができる事の幅が広いため、先生側で何をさせたいのかをしっかりと意識する必要があります。

お知らせ

お知らせは参加している生徒に連絡をすることができます。

簡単な文章から、ファイルを添付することもできますし、Youtubeの動画を貼り付けることもできます。

まとめ

明日は、「どう使い分けたら良いのかわからない」という方のために、生徒にさせたいこと別に分類したオススメの方法を紹介します。

授業の目的に合わせて投稿方法を変えてスマートに活用しましょう。の回。 こんにちは プロフィールを設定しましたITeacherです...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする