【Forms】ClassroomでGoogle フォームを活用【設定編】

こんにちは

授業中の小テストを、回答時間終了してから2分くらいで返却して生徒に驚かれたITeacherです。

どうやったかというと今日説明するGoogle フォームで自動採点しました。

早速見ていきましょう。

今回はGoogle フォームを使ってアンケートや小テストを作る方法を紹介していきますのでまずはGoogle フォームを開きましょう。

まずはメールアドレスを収集するかどうかや小テストにするかどうかを決めてから具体的にアンケートを作成していきます。

他のG Suiteと同様にプラスマークから新規作成します。

何も操作をしていない状態がこちらです。

設定の変更

ここからは、設定を見ていきます。この設定次第で小テストにも、繰り返せる練習問題にもなります。

設定を変更するために右上の歯車のアイコンをクリックします。

全般設定

全般設定では回答者の情報をどのように収集するかが決められます。

メールアドレスの収集 にチェックを入れれば、記名アンケートになります。

回答を1回に制限する は書いてある通り1回のみの回答になります。

実際に使いそうな用途とそれに合わせた設定を考えてみました。

用途 メアドの収集 1回のみ 補足
小テスト 1発勝負のテストの設定
無記名アンケート × 複数票を防ぐために1回のみ
記名アンケート 複数票を防ぐために1回のみ
練習問題 どちらでも × 問題を何回も復習する場合など

設定次第でいろんな用途に使えそうです。

プレゼンテーション設定

プレゼンテーション設定の項目では 質問の順序を並べ替える が小テストなどをランダムにしてくれるため使いやすいでしょう。

「同じ問題を解きすぎて覚えてしまった」といったことが減るはずです。

確認メッセージ のところでは回答後に表示されるメッセージが編集できます。

「問題を解き終わった生徒は自習」といったメッセージを入れておけば、解き終わった生徒に一人ひとり指示をして回る必要がなくなります。

テスト設定

テストにする を入れると細かく設定が変更できるようになります。

テストにするをオンにした状態がこちらです。

テストにした場合は、事前に正解を設定することで自動採点が行われます。

注意すべきこととして、テストにする の設定をオンにしない場合、そもそも解答が設定できません。

解答が設定できない場合は テストにするオンになっているか確認しましょう。

採点後の点数を知らせるタイミングを 成績の表示 で選ぶことが出来ます。

回答者が表示できる項目 は生徒が回答・自動採点後に見ることが出来る項目が選べます。

繰り返しやり直させる問題に関しては 正解 のチェックを外す。

1回勝負の小テストなどは 正解 のチェックを入れると良いでしょう。

まとめ

今回はひとまず設定を紹介しました。

具体的なフォームの中身、アンケートや小テストの作り方についてはまた明日に続きます。

こんにちは 日曜日は更新するかどうかちょっと悩んでいるITeacherです。 記事を貯めておけばこんなことで悩む必要もないんでし...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする